サージェント・ペパーズ...

リミックス&メイキング、セッション、映像...。
あんまり食指が動かないのは、なんでだろう...。

8年前のリマスターのときも、こんなカンジだったなあ。
ずいぶんまえのアンソロジーの本も映像も見ていない。

『レコーディング・セッション』読みながら想像するのが好きだった。
ビーチボーイズの『スマイル』も、海賊版のほうがイメージしやすかったなあ。

妄想できる余白があるもののほうが好みみたい。
答え合わせ、たねあかしは正規版でしたら、それで終わっちゃうじゃん。
未完の美...。
永遠の命...。

傷だらけのレコードを聴こうと思う。

2017年6月 2日 22:52 okamoto sadayoshi コメント(7)

投稿者:たえ :

ビートルズ関連って出る時大抵騒ぐのよね~。
それにどんだけ音源があるんじゃい?的な。
take1、2……………………。
キリがないわねぇ。
とことんな感じがねぇ?
宮古島帰り、飛行機遅れてもタワレコフリペはゲットしに行ったけど……。
サージェント特集だったから。
どーしようかなぁ、欲しい気もするの。
かなり良い音らしいし。

サダさんは⬆仰ると思ったけどね~。
私は悩み中。
で、サージェント聴き直したけど(CDでも数枚持ってる)
やっぱり名盤だね!?
“A Day In The Life”大好きだわぁ。

投稿者:nico :

そこはかとなくというか、それなりに商業的な匂いもしますからね~🙀
買いたくなるようなコピーとかも何となく分かっちゃうし、あんまりススメられると警戒しちゃったり…。

昔々は、レコードが擦りきれるのを見越して大好きなものは2枚買うとかありましたね。
リリースも少なかったから何度も何度も聴いて。
キズの長さの分プツ、プツ、という音が続いて。音源の時間とリアルな時間が一緒に聴こえて来るという…。

レコードって聞いて色々思い出しました。
ずうっと粘って持っていたターンテーブル(レコード・プレイヤーの方がしっくり)も数年前に処分してしまったし、最後にレコード聴いたのいつかなぁ?思い出せない…。
何となくスペース的なモンダイで処分したのだけれどちょっと胸が痛かったですね…😢古いから仕方ないか…なんて間違いだったかも。
間違いだらけ…ヤダなぁ…。

すみません、一人ごちて。

余白。
バックグラウンドを知るのがいいのか悪いのか…。
好きになると色々情報を集めて蘊蓄を語りたくなるものかもしれませんが…。そこはやはり音と向き合うのが基本というか。
何も知らずに聴くって純粋なことですね。

COILもそうかも。
ずっと愛して、ちょっと愛してる感じのファンだったのでまだまだあれ?ということがあったりするのです。
今朝もたまたま初めて見たPVに「ほぉ~っ!」となったりして今だに新鮮なのですが。
あんまり音意外の情報を求めていなかったので。
意外とCOILはことを知らない私です。

余白って風の通るスペース…のようですね。自由度が高いような。


長~くなってしまいました。
サテ…サダさんの傷だらけのレコードとは?

知らなくてもいいのかな?
そこにあれば。

投稿者:nico :

COILのこと、ですね。訂正。

レコードのお話。
今度本屋さんのトーク&ライブの時に企画としてかけて下さるとかどうでしょう?
飯田さんのセッティングとかも楽しみだな✨

寝起きの思い付き。ゴメンナサイ💿

良い1日を😊

投稿者:たえ :

で、サージェント~最初に購入したのは勿論レコードでなんだけど、後追い聴きながらもこのアーティスティックなジャケには友達と「これは誰?」ってヤンヤしながら聴いてましたね。

であの頃はイロイロ聴きはじめで、ジャケが素晴らしいレコードを買い集めたりして~。
勿論中身も素晴らしかったけど…
『リボルバー』『フィジカル・グラフィティ』『ツェッペリンⅡ』『ウーララ』……等々等々。
レコードは音も良いけど、あの大きさだからジャケが映えるのよね。
等と思いで津々浦々~。

投稿者:そらしれどん♪ :

近頃多過ぎて、スルーしてしまうようになってきたかも…。

さておき、サダさんの理由には、表現する側の意識があると感じます。
私は表現に対しての解釈はイロイロあった方が良いと思うし、いろんなイメージ起こさせるものを好み、凄いなあとなります。
余白や未知は、あった方がいいよね〜。

投稿者:nico :

サージェント・ペパーズよね?当然‼
もうね~💦
睡魔と戦いつつだったということで何とか…(〃∇〃)


投稿者:青月石 :

本の頁の文字も余白があった方が好きとおっしゃってましたものね。
余白を楽しむスキルも必要かもしれませんね。

音楽にハマった中学から高校にかけて時期を同じくしCDが普及し始め、初めてCDで買った音源がリボルバーだったのですが、それまで聴いていたアナログ盤に比べ音が良くないカンジがして超ガッカリした経験があります。
それがトラウマなのか、配信の音源の音もあまり好きではありません。

楽しみにしていたレコードへ針を落とす瞬間がとても好きでした。
まぁA面終わったらひっくり返さなきゃいけないし、好きな曲を繰り返し聴くにはCDの方が便利な訳ですが。。
そんな手間も楽しめるスキルがあれば素敵ですね。

そうそう、回想やラヴィン・フルーツフルに入ってますよね?!例の音。
どちらもアルバム最後の曲というのは意図があるのかな。。


コメントする

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30