アーカイブ

今年も参加させていただきます。
めっちゃ嬉しいなあ〜!
あの独特なユルさが最高なんです。
今回はどんな企画をキタローさんは考えているのかしら...?
いまから楽しみですな。
それでは、よろしこちゅ〜!

今日も暑くなりそうですなあ〜。
ちなみに一日中家におりますので。

梅雨も明けて、いよいよ夏本番ってカンジですな。
まあ早起きすれば、午前中はまだまだベランダ読書は快適です。
風もさわやかで、今日も気持ちよく過ごせました。
一冊読了。

...が!
しか〜し、さすがに午後からは無理ムリ!
エアコンのお世話になっちゃいました。

いや〜、やっぱり涼しい!気持ちイイ!

でもこれ、一度つけるとなかなか切れないんだよねえ〜。

あれ...?
もしかしてオレ、エアコン大好きだったりして〜?!

渋谷にカメラマン野上眞宏さんの個展を観に行く。
今回のアー写を撮ってくれたの。
すごいひとなのよ〜!
はっぴいえんど周辺の貴重な生写真やニューヨークの素敵な写真。
味わい深いアンティークな小物たち。
野上さんのお人柄なんでしょうね〜。
とても居心地のいい、はっぴいな時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。

ボクは天使の小物入れと木彫りのクマちゃんを購入。
一緒にいったマネージャーさんは曰く付きのイスをン〜万円で即買い!
なんと、おまけにン〜万円の生写真付き〜?!
あの有名ミュージシャンとそのイスが写っているの。
いや〜、これにはビツクリしたなあ〜!

で、昨日は下北沢に高畠俊太郎くんのライブを観に。
松ちゃんのギターもなじんで、だいぶバンドっぽいサウンドになっていたよ。
しかし一曲目でいきなりまさかの弦切れ〜?!
これが流れを決めてしまったのかしら...。
演奏はカッコイイのに、MCがグダグダ気味に〜!
...ってひとのこと言えないんだけどね。
でもオレ好きだよ。
俊太郎の人柄がうかがえて。
ポロシャツもそんなにヘンじゃないよ。

そこでちょいと気の早い誕生日プレゼントいただきました。
おお〜っ!
なんと、あのプレミア付きの絶版入手困難本ではないすか〜!
メチャうれしい〜っ!

え?
渋谷のオフで安く売ってたの...?!

考えゴトしていたら、完全に寝るタイミングを逸してしまいました。
これから眠るの、なんだかもったいないなあ...。
ボ〜っとしたまま今日一日過ごしてみようかしら。
人と会う約束があるんだけど、目の下にクマこさえていこうかな。
あえて。

渋谷に観にいってきました。
天井にワニがいるところです。なつかし〜!
ありがたいことにわたくし、今回も一曲書かせて頂きました。
なんと次のアルバムの新曲を、お客さんを入れてのライブ録音!
しかもバンドはDr、Guitar、Organのベースレスのトリオ編成!!
ゲンタ兄貴、カッコイイっす!
前説もバッチリきまってました。

そしてbridちゃん。
堂々としていましたねえ〜!
あのちっちゃい体が嘘のように、ステージの上の彼女ははなんとデカく見えることか。
MCもおもしろいし。
もちろんうたも素晴らしい!

いや〜、素敵なライブレコーディングでした。
仕上がりが楽しみですなあ〜!

帰りに、スタッフが着ていた「REC」Tシャツ買っちゃいました。
コレ着てレコーディング作業するんだもんね〜!

ヘッドフォンで2週目聴いてます。

まるで闇にカラフルな色が浮かんでいるような...?!

あのジャケットの世界感、そのまんま満喫できます。

オススメ〜!

たとえば梶井基次郎の『檸檬』のような。
たとえばサリンジャーの『ナイン・ストーリーズ』のような。

そんなイメージを無意識に意識していたかもしれないなあ...。
アルバム全体的なニュアンスとしての。
曲単位で「時計じかけのレモン」はまんまなんだけどね〜。
あの、とらえどころのない話の集合体的作品ってイメージ...。
ストーリーや文体より、その読後感を味わうってカンジかしら?
あの、ボヤ〜っとしたフワ〜っとした、なんともいえない感じ?

ん〜、またわけわからんこと書いてしまったな〜!
スマヌ〜!

あ、ジャケの左下の黄色いのは、きっとレモンなんだろうな〜。
ちがうのかしら...?

いいのいいの!
こうやって自分の解釈で楽しむことが大事なんだもん。
コレはなんだろう〜?!ってね。
みんなも『ファンタジスタ』楽しんでね!

コレ、夜に部屋暗くしてヘッドフォンで聴くの...合うな〜!
冬のほうが似合うのかな?
どうかな...?
あ〜、楽しみだなあ〜!

早くもみなさんの反応が〜!
でもそんなにあわてなくてもいいからね。
ちょっとずつ、ゆっくりと聴き込んでくれたらいいよ。
天気や時間や気分でちがってくるだろうし。

Oッフィーの表情も、嬉しそうにも見えるし悲しそうにも見えるでしょ?
でもね、たぶん彼女は嬉しくも悲しくもないんだよ。
それは鏡なの。
それはね、見るひとの気持ちしだいなんだな。

そんな音楽を作ってみたかったんだ。
単純で明快でも曖昧で模糊モコな。
シンプルだからこそ聴くひとの気持ちも反映してくる。
ボクは半年間、ず〜っと鏡を磨いていただけなのかもしれないね。

たぶんそこにはメッセージも答えもなかったりして...。

あるのはきっと...。

う〜ん、酔っぱらって自分でもよくわからんな、コレ。
もうちょっと起きているよ。

せっかくなんでひさしぶりにまわります。
ジョアンみたいにドタキャンはしないつもりです。
ゼヒ観にきてくださいね〜!

残念ながら七夕の天気はいまひとつらしいですねえ...。
年に一度の織姫と彦星の逢瀬があ〜!
会えへんの?マジで会えへんの〜っ?!
この火照った体をどないせえ〜っちゅうねん?!
うおおおおお〜っっ!!

さて、お待たせいたしました。
わたくしの2ndソロアルバム『ファンタジスタ』が満を持してのリリースです!
いや〜、ずいぶんと待たせちゃってスミマセンでした。
たしか年明け早々に発売の予定だったよね〜?
お詫びに延滞料のボーナストラック2曲付けたんで許しておくんなまし。

個人的にすごく気に入ってる作品です。
言葉少なの音少ななんで前作より行間や余白があります。
...というより穴や闇があります。
甘味と毒気はこっちのほうが強いです。
ジャケットデザインのように地味カラフルで怖カワイイ感じです。

たぶん聴き方によってかなり評価が変わりそうな気がするな...。
楽曲解説もいま書いていますが、まずは皆さんの耳で聴いてみてください。
おお〜、そうとらえたか〜!
的なデータも欲しいので、短くてもいいので感想が聞きたいな。

しばらくしたら解説載せるからね!
特設ページもちょっとずつ充実させていきたいな。

あ、そうだ!
この際、再発した『象牙の塔』も一緒に買っちゃえ買っちゃえ〜!

セネカ、アウレーリウス、エピクテトスにハマっています。

最近、岩波文庫からセネカ新訳でたけど...。
個人的にはまえのヤツがしっくりきてたり。
ちょっとまえにはアウレーリウスの『自省録』の新訳も出ていたんだけど...。
これまた神谷さん訳のほうがイイんだなあ〜。

エピクテトスは文庫、新書が絶版でプレミア価格!
パソコンであちこちいろいろ探しています。
ん〜、また神保町いこうかなあ〜。
それとも図書館を活用するか...。
なんかオフで百円で売られてそうだなあ〜。

あ!
モンテーニュの『エセー』の新訳は好きです。
ついこないだ、やっとこさ2年ぶりに4巻目が出たの。
これからゆっくり読むんだもんね〜。
堀田善衛『ミシェル 城館の人』も一緒にね。
楽しみ〜!

今回はつまんないでしょ〜?!