アーカイブ

シャブレス...いや、ラブレスやりました。
シャブィン...いや、ラヴィン・フルーツフルもやりました。
楽しかったなあ〜!

BYGの話に戻るよ。
JCにファズかましてエンジェルタッチで優しく弾く。
すんごい暴れ馬をおとなしく手なずけて乗りこなしているカンジ?
熱い気持ちを胸に秘めながらクールにジェントルに囁くイメージ?

本当は泣きたいくせに笑ってるよ。
なんでもないよ、どうってことないよ...もう忘れた。

ファズの前にボサノバにハマって本当によかったなと思う。
力を抜いて指先で優しく奏でる...ボリュームとタッチの微妙なコントロール。
なんだか表現の幅が広がったような気がするんだ。
最近またギター弾くのが楽しくてしょうがないの。

JCは「最初の虹」みたい。
ああ〜、ジャズコってこうやって使うのか〜!ってカンジ。
今までず〜っと目にしていたのに、やっと本来の姿に気付いた。
ちょっと大げさかもしれないけど、すごく嬉しいの。

あ、もういかなくちゃ!
またあとで。

Tell Me Why とか ミュージックとか楽しかったな。
うたの日のBYGのTシャツ、三人で着てはしゃいじゃったよ。
全体的には大人っぽいセットだったから、最後くらいはにぎやかしてもいいだろう。
前半と後半との色分けもうまくいったと思うんだけど。
レコードのA面B面みたいなカンジでさ。
休憩を挟むってのも大人っぽくていいよね。

MCでも話したけど、個人的にやっぱり今回のポイントはアンプかな〜。
R社のJC-120を使いこなせるようになりたかったんだよね。
あまりいい印象がなかったアンプなんだけど。
セッティングにおける発見があって、それを試してみたかったんだ。
結構過激でアヴァンギャルドなセッティングなんだよ。
これが意外とよかったの!
前半の涼しげなカンジにはぴったりだったと思う。
後半のロックっぽいヤツはやっぱりVOXが似合うんだけどね。

この歳になっても新しい発見があって嬉し楽し。
メンバーや音モダチともこの話で盛り上がった。

時間なかったけど、イロイロな実験やチャレンジができて楽しかった。
古谷、松ちゃん、いつも音源も聴かせず譜面も渡さずゴメンよ。

観に来てくれたお客さん、どうもありがとう。
今度はバンドで新曲いっぱいやるからね!

...古谷、松ちゃん、本当にゴメン。

あ、今夜はニコ生だ〜!


今年も参加できて嬉しいです。
なんだかんだでバタバタしてますが、古谷と松ちゃんとトリオでやります。

季節感出しつつも、今のレコーディング モードも反映したセットになってます。
初夏のキラキラした涼しげなカンジと、制作の悩ましくも吹っ切れたカンジ...?

まだ迷っているから変わっちゃうかもしれないけどね〜。
もうリハは終わっているんだけどさ。
ボクの無茶ブリには慣れているふたりだからきっと大丈夫。

楽しみにしていてね。

あ〜、終わったらすぐニコ生だ〜!
こっちはいまだノープラン〜!
それもまたよし!

Rec, Rec, Rec !!!
とにもかくにも、寝ても覚めても、なにはなくても、とどのつまりは...レコーディング。
順調なのか難航しているのかもわからん!
ただひたすら録音。
消去してやり直して上書きして元に戻して...の繰り返し。
でも、確実にちょっとずつ良くなって前に進んでいると思うよ。

そろそろライブのことも考えなくちゃいけないな。
う〜ん...。
モードチェンジがうまくできるといいんだけど。

 

あれよあれよと終了。
楽しかったなあ〜。
またレコーディング再開だよ。