アーカイブ

それぞれ、ヤマちゃんとりゅーまろの仕切りに乗っかって。
いや〜、どちらもすごく楽しかったなあ〜!
ミュージシャンの仕切りって独特だからね。
スタッフに任せるのとは違う雰囲気が、その現場に漂うんだ。

本当に大丈夫なのか、コレで?
って不安材料を残したまま本番を迎えることが多い...ってかほとんどがそう。
その方が断然楽しいってことを知っているからなんだろうね。
もちろん、ちゃんと準備して臨むべきライブもあるのは当たり前の話だよ。

気の遣い方や細やかさのベクトルや種類が違うカンジかなあ。
安心感や安定感か、何が起こるかわからないワクワク感やドキドキ感か。
最近は、後者に重きを置く現場が多くて、イロイロ鍛えられているな〜。
アクシデントやハプニングも、楽しめるかどうかが鍵のような気がする...。

これは演者もお客さんも同じことだと思うんだよ。
環境、天候、地の利の善し悪し、個々の期待や思い込み、その他モロモロの事情...。
え〜、機材ないの?広!狭!遠!雨〜?暑!寒!早!遅!立ち?体調ワル〜!
のっぴきならない用事ができたー!打ち合わせと違う〜!などなど。

困難を乗り越えて手に入れた果実ほど甘く感じる。
鎌倉は遠かった?
Life is a carnival.
人生は楽しんだ者勝ちだ〜♪

マズイ...。
まとまらなくなっちゃった...。
友情とか信頼関係とかの話もあったけどヤメとく。

どうもありがとう。

これからレッスン受けにいくの。
個人教授...。

んふふ。


楽しかった〜!
ワタナベイビーくん、新曲よかったな〜!
ゴンドウくんも素晴らしい!
素敵な音モダチが増えたよ〜!
嬉しいな。

月曜日なのに観に来てくれた皆さんにも感謝。
ワタナベイビーくんもCOILのお客さんを誉めていたよ。
どうもありがとう。
また来月も下北沢440でヨロシクね!


次回のゲストは高田 漣くんです。
いや〜、こちらも楽しみだな。

ホームページがリニューアルしてたり、してなかったり?
アー写もいつ撮ってたんだ?っていう。
でもいいカンジだと思うよ。
これからもヨロシクお願いします。

いよいよCOIL企画のイベントがスタート!
「軽音楽をあなたと」
タイトル、気に入ってるんだ。
素敵なイベントになるといいな。

記念すべき第一回目のゲストはワタナベイビーくんです。
最寄り駅が綱島だったこともあるらしいよ。
ローカルな話題で盛り上がるのか?
誰もついて来れね〜!

いやいや〜、楽しみだなあ。
ではのちほど。
下北沢440でね!


この素晴らしいイベントに参加することができて本当に嬉しい。
今年は三日間ともチョコチョコっと出演したよ。

それなりに準備していたのだが、やっぱりほとんど役にたたなかったな。
びっくりするほどの臨機応変に現場処理でのいきあたりバッチリを強いられる。
いや〜、イロイロ鍛えられましたわ。
それはボクだけの話ではないハズだけどね。

でも演者もお客もハプニングを楽しめるだけの余裕とおおらかさを持っている。
最後の"ゲンタのブルース"がそれを物語っていると思うなあ。
キレイにまとめたくなかったんだろうね。
アレでいて結構〜な照れ屋さんだからねえ。

ステージに上がらず、フツーに客席から観てました。
めちゃめちゃ感動したよ。

ゲンタさん、10年間本当におつかれさまでした!
素敵なイベントでした。
誘っていただいてありがとうございました。
また宮古島にあそびにいきますね!