森本哲郎

好きなんだ。
古本屋で『書物巡礼記』と『書物の旅』を買ったのがきっかけ。
すべてのはじまり。

2017年3月29日 21:34 okamoto sadayoshi コメント(9)

投稿者:nico :

あれ、サダさんお家にいらしたんですか?
もしかしたら渋谷方面においでなのかと。

読書家のサダさんならではのタイトルの本たちですね😊
森本さん…
読んだことあると思うのですが…💦

先日のアートさんの作品を聴いた時も、ちょっとミヒャエル・エンデみたい?と思ったのですが。
一時期図書館に通って作品集を何冊も読んでいたのに記憶がうっすら過ぎて書くのを止めたという…😢

サダさんのような記憶力があれば…。

ところでサダさんの数行の文、印象的ですね。

何だかドラマチック!

それらの本のこと、宜しければもう少し詳しく教えて下さいませ👮

投稿者:かじゅ :

定義さん、おはようです。
どんな本かな。
たくさんの本に出逢うはじまり…かな。
何読もうかなと手元の本たちと本棚と交互に見ていたら、
同じ本を発見してしまった昨日。
それじゃない本を読み始めることにしたよ。

投稿者:そらしれどん♪ :

森本哲郎氏は昔『読書の旅』を読みました。

"カントは諸行無常"のあたりを覚えています。

諸行無常が言葉の意味だけでなく、
感覚的にもわかったように思えたなあ。
森本哲郎氏の文章って良いですよね。

スゴくわかりやすくて、博識で面白い親戚のおじさんと、話をしているようなかんじ。

投稿者:たえ :

アナウンサー森本毅郎氏のお兄さんですよね?
私が知ってるのは『生き方の研究』かなぁ?

投稿者:nico :

サダさんお元気ですか?
今日は動くとちょっと暑い☀くらいでしたね。

外出のついでに地元の古本屋さんに行ってみましたよ。
結局見つからず、興味を引かれた別の本を数冊買ったという😅(古書店あるある)

さっきコメントを見ていて、間違えてアーカイブにタッチ。
出てきたのがゲンさんとジェーンの話題でいっぱいの時期。

サダさん何だか若くてイキイキ…😊
どんどんハマってゆく様子が赤裸々に…。

最近色々お好きなものを教えて下さるサダさんですが、
こちらはもう落ち着いた感じなのでしょうか?

今日最後に行った古本屋さん、ちょっとサダさん繋がりな感じで、ゲンさんの本が3冊、レナード・コーエンの「嘆きの壁」に「裸のランチ」と、あともうイッコ何だっけ…💦
とにかく狭いお店なのでその割にはかなりの高率かと。

ホンワカしたいい感じの曲が流れていたので尋ねると
「はちみつパイ」
という方のものでした。サダさんご存知ですか?
ちょっと古い、とのことでしたが。

机とイスがあって美味しそうな珈琲を出してくれるみたいなので今度長居してみようと思っています。
お店の名前もすごくカワイイんですよ✨
古書店の名前ってなかなか面白いですよね?

ちなみにここでは私的にはサダさん繋がり…な本をゲット致しました。
実際は全然関係無いんですけど😺


投稿者:nico :

あらら💦
物凄く有名な方たちではありませんか!
曲タイトルとか親近感ありますね。

画質の悪い写真、ヨーさんかと思っちゃった。
はっぴいえんどのお名前は今もよく目にするんだけど。

ちょっと若過ぎた…かな😅
私の一番古い日本のフォークなのかロックなのかのアルバムの記憶…は六文銭なんですが時系列合ってる?

明日はこれだわ。

投稿者:nico :

「ぱい」ですね。「はちみつぱい」
フロムBeatles🐝


投稿者:雨玉 :

サダさん、こんばんは。
○眼なもので、両方とも"着物"に見えてしまいました~…|ョ☆ω☆)キラーン
違...いましたね。

投稿者:白いナス :

サダさん、おはようございます。

サダさんは、本当に読書家でいらっしゃいますね。

私は、加齢に伴い、新しく読む本で
あまり長い本は読めなくなってきました。

あと、読書は、児童期、青年期、成人期、壮年期(更年期?)
と、自分繋がりで、来ているので、
自分の内的欲求、探求からでないと、
どんな良書でも、読めないこともあります。サダさんにも、そういうところありませんか?

この頃、ダライ・ラマの本「イエスを語る」と、アーサー・ホーランド牧師の「不良牧師」(息子がホーランド牧師に握手してもらった事があるの)

三浦綾子「母」渡辺和子さんの冊子みたいな読みやすいものとか、読みました。

あと、高村光太郎の妻、高村知恵子の画集「切絵美術館」(かなりレア物)を買いました。

今、欲しいのは、八木重吉の詩集と、北原白秋の、サダさんが教えてくれた雀の本とかだなぁ。北原白秋の詩集も欲しい。
イメージがわきやすいから、、、。

雀は、本当に可愛い。足跡も可愛い、、。小さな天使。手のひらにのるよ。

コメントする