ノラや阿房やサラサーテや冥途や...

最近また内田百閒を読んでいる。
寝る前に読んでそのまま寝たら...変な夢見たよ。

ナタデココは、西さんとのギターと歌の絡みがなんとも楽しいんだ。
サダぼっちな"部屋"とはまたちがった味わいがある。
"LOST"なんかはハモリありきで作った曲だから、やっぱりしっくりくるなあ。
本当はバンドでやりたいんだけどね...。
まあ、それはいずれ。

ああ〜、いま欲しいモノがありすぎる〜!
物欲の秋か...!

2016年10月 7日 19:57 okamoto sadayoshi コメント(6)

投稿者:たえ :

ちょっと書きづらくなったなぁ~と思いつつ。

ノラはノラ・ジョーンズの新譜?
サラサーテはスペインの作曲家、ツィゴイネルワイゼンの人?
あとは分らない。

"LOST"はハモリいいですよね?
ぜひにバンドで、ってまだやったことなかったっけ?
阿南でやらなかったっけ?

あとね、デヴィッド・ボウイの『★』に参加したジャズミュージシャン4人が集結して作ったアルバム、『Byond Now』が良いよ。
まっ私の嗜好だから、サダさんがどう思うかは分らないけど......。

ここに書くのはサダさんに直ぐに感想や気付いた事が伝わるから、ってあるかも。
最近サダさんが自らコメントをUPしてくださってるってこともあってね。
そして反応があったら、わぉ読んでくれてるのね?って嬉しかったりしてね。
そんな単純なもんです、私のコメなんて。
いつもサダさんから学ばせて貰らってばかりで私からは何にも提供できないから、常に心苦しさはありますけど.......。

投稿者:そらしれどん♪ :

百閒さんの話が出たなら…仕方ないなあ。
アップはおまかせ〜。
その昔、現ベネッセコーポレーションがまだ福武書店で、文芸を扱っていた時『阿呆の鳥飼』という、百閒さんの鳥にまつわる随筆集がありました。
確か今年かな? 中公から再版されたみたい。
猫に阿呆になる前は、鳥に阿呆だったのですよ、この方。
列車にも阿房、筋金入りの乗り鉄でもあった。
漱石に鳥自慢、そして師匠ディス。
泣いたり笑ったり、面白い話が沢山です。

欲しいモノがありすぎるんだあ〜。
なんですか?
今月末は、物欲を満たすあのイベントですよ!
狙っているモノがあるので、楽しみ楽しみ〜♪

投稿者:たえ :

一晩寝たら分った!
『阿房列車』に『冥途』ね。
家にあったけど、読んでないわぁ。
家に中央公論のであったのはなんだったかなぁ?
忘れてしまったわ。
本ありすぎて、いっぱい忘れてる。

投稿者:匿名 :

サダさん、こんばんは。
つい先日まで、「いや、もう10月やで??」とつっこみたくなる気候の日々でしたが、めきめき秋ですね。ところで、物欲とは、はて、書籍欲ですか?はたまた、りんごちゃん(印)欲でしょうか?
内田先生は、『ノラや』でKOされたので、随筆っぽいものしか手にしてなくて、小説関連はノーチェックでした!えーと、でももしかして『冥途』は、字のイメージからして、怖い系?だとしたら、来夏まで温存しておいて、涼むことにしようかな...などと考えたりしています。( ̄^ ̄)ゞ

投稿者:そらしれどん♪ :

モントルーからの絶賛帰宅ちう。
行かれましたか?

投稿者:かじゅ :

定義さん、こんばんは。
夢のお話気になりますなあ。
自分でも把握できない夢見る時あります。
ナタデココのいずれを聴けるといいなあと心から思います。
物欲の秋ですか…なにかいいものと出会いましたかな?
私は食欲のようです…。

コメントする