永六輔さん

好きな歌がいくつもある。
CDも本も、そんなに持っていないのに、影響受けているのかも。

永六輔・中村八大。
6と8...。
ちょっとだけ、ハル・デヴィッドとバート・バカラックを思わせるよね。

いろんな意見もあるみたいだけど...。
作品は素晴らしいと思うな。

ご冥福をお祈りします。

2016年7月13日 07:55 okamoto sadayoshi コメント(2)

投稿者:そらしれどん♪ :

私は、「誰かとどこかで」でお馴染みの文化人ってイメージが強いかも〜。
今も昔もラジオっ子なので。
長期休みにちょいちょい聴いて、というか聴こえていた。
だから永六輔さんといえば桃屋が浮かぶし、龍角散も浅田飴も浮かぶ。
大人っていろんなコトあるんだなあ、って思ってたかなあ。
そういえば、地元にいる頃の銀座と浅草の予備学習は永さんだった。
あと浅草は北野武。
懐かしい。

そう、あと、地元のうどん屋さんを有名にした方でもある。
今山笠だから、あの辺りは賑わっているよ〜。

楽曲は、「上を向いて歩こう」「遠くへ行きたい」を、とてもよく耳にした。
歌詞が自然に口ずさめるかも。馴染んでいたんですね〜。
ハル&バート、わかる、わかる。

書籍は、ベタに「大往生」、だいぶ個性的な「悪党諸君」など。
個性的、個人的、永六輔ワールドで、らしさが良いです。
そう考えると…作詞の仕事は、永六輔の知性とセンス、活字や噺は、永六輔個人だったような…どうでしょ?

考えてみれば、なにかしら生活のどこかに居た方でした。

投稿者:かじゅ :

定義さん、こんにちは。
遠くへ行きたいは好きな歌です。
浅田飴のイメージもあります。
知らずに耳にしていた歌多いです。

コメントする

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31