What's New
 
Other
TVアニメ「ALL OUT!!」 AC2016 mobile augusta banner3 banner4 banner5 banner6

profile

スキマスイッチ
大橋卓弥、常田真太郎のソングライター二人からなるユニット

1999年、大橋が自分の曲のアレンジを常田に依頼したのがきっかけとなり、スキマスイッチ結成。

2001年、新宿・渋谷を拠点に本格的なライヴ活動を開始。

2002年8月、AUGUSTA CAMP 2002千葉マリンスタジアムのサブステージに出演。観客30,000人の前でのパフォーマンスが好評を博し、以来、口コミが広がり着実にライヴの動員を増やしてゆく。

2003年7月、1stシングル「view」でオーガスタレコード第一弾新人として満を持してのメジャーデビュー!同曲が全国30局ものFMパワープレイ&ヘビーローテーションを獲得。同年9月にリリースされたデビュー・ミニアルバム「君の話」も新人ながら好セールスを記録し、全国のマスコミやリスナーから注目を集める。

2004年3月、2ndシングル「奏(かなで)」が発売1ヶ月前から全国ラジオ局や有線のO.Aチャートにランクインし、オリコン・シングルチャートでも初登場22位を記録。彼らの真骨頂のバラード・ナンバーとしてロングセラーとなり、じわりじわりとファン層を広げてゆく。

さらに同年6月、3rdシングル「ふれて未来を」と1stアルバム「夏雲ノイズ」を連続でリリース。

デビューから約1年の集大成となった「夏雲ノイズ」はオリコン・アルバムチャート初登場2位を記録し、1st ALにしてブレイクを果たす!同アルバムを引っさげた、初の全国ワンマンツアー『夏雲ノタビ~日本公演~』と追加公演『夏雲ノタビ~日本追加公演~』のチケットも全会場とも即日SOLD OUT!又、ツアーをまたぎリリースされた、通算4枚目となるシングル「冬の口笛」もオリコン・シングルチャート初登場6位を記録。シングル作品としては初のベスト10入りを果たし、2004年を大飛躍の年として締め括った。

2005年4月にリリースした5th「全力少年」がオリコン・シングルチャート初登場3位を記録!彼らのシングル史上最高位を獲得し波に乗ると、続いて6月にリリースした6thシングル「雨待ち風」もオリコン・シングルチャート初登場7位を記録。彼らのデビューのきっかけにもなったという同曲は「奏(かなで)」に続く名バラードとして、歌、メロディ、アレンジなど、そのサウンドクオリティの高さから音楽的評価はますます高まってゆく。そして、7月には2ndアルバム「空創クリップ」をリリース。オリコン・アルバムチャートにて堂々の初登場1位を記録!デビュー以来、着実にスキルアップし成長を続けてきた彼らの"2005年の集大成"となる同アルバムは、多くのリスナーの支持を受け、現在もロングヒットを続けている。

そして、同アルバムを引っさげた初の全国ホールツアー『TOUR'05全国少年』(全22公演)も大成功のうちに幕を閉じ、11月には初のDVD作品となるミュージックビデオ集「別冊スキマスイッチ」をリリース。さらには「紅白歌合戦」へも初出場を果たし、まさに大飛躍の年として幕を閉じた。

2006年3月にリリースした7thシングル「ボクノート」は『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』の主題歌として大ヒット!国民的人気キャラクターとのコラボーレションにより、さらに幅広いリスナー層から支持を受けた。同シングルのリリースとともにスタートした全国ツアー『TOUR '06 "空創トリップ"』も大盛況のうちに幕を閉じ、続く7月には杏子・山崎まさよし・スガ シカオ・COIL・元ちとせ他オフィス オーガスタ所属アーティスト達が参加するスペシャル・ユニット"福耳"のニュー・シングル「惑星タイマー」の作詞・作曲&プロデュースも担当。続く8月には、あだち充 原作の大ベストセラー『ラフ』の実写版映画の主題歌として、通算8枚目となるシングル「ガラナ」をリリース。カップリング曲の 「スフィアの羽根」(2006 ABC夏の高校野球統一テーマ曲)、「ピーカンブギ」(日本テレビ系「ズームイン!! SUPER」春のお天気テーマソング)とともに話題となり、オリコン・シングルチャートで堂々の初登場1位を記録!そして、11月には9thシングル「アカツキの詩」と3rdアルバム「夕風ブレンド」をリリース。同アルバムが自身最高のセールスを記録し、さらなる飛躍を遂げた。「ボクノート」が日本レコード大賞で金賞を受賞、同曲で「紅白歌合戦」へ2度目の出場を果す。

2007年2月、アルバム「夕風ブレンド」を引っさげた全国ツアー『夕風トラベル』がスタート。全国38公演にも及んだ同ツアーは大盛況のうちに幕を閉じ、ライヴ・アーティストとしても大きく成長した。7月に通算10枚目となるシングル「マリンスノウ」、8月に初のベスト盤「グレイテスト・ヒッツ」をリリース。オリコン・アルバムチャートで2週連続1位を獲得しロング・ヒットとなる。10月からベスト・アルバムを引っさげた初の全国アリーナ・ツアー(東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・埼玉)を行い約10万人を動員する。ブレイクのきっかけになった2ndシングル「奏(かなで)」で3年連続「紅白歌合戦」出場を果す。

2008年はアーティストとしてのスキルアップのため、スキマスイッチの活動と並行しながら互いにソロ活動を行う。

2009年1月、結成10周年を迎えたスキマスイッチの新曲「雫」がNHK教育テレビアニメ「獣の奏者エリン」オープニングテーマに起用される。アニメ初回放送に合わせて配信をスタートした「雫」の着うた(R)が<レコチョクアニメ/ゲーム・うた>サイトのデイリーチャートで1位を記録(09年1月度月間チャートでも2位を記録)。3月には初めてメンバー2人だけで全国を回るツアー「スキマスイッチTour'09"ダブルス"」(7箇所8公演)を敢行。5月には前作から約1年10ヶ月振りとなる09年第一弾シングル「虹のレシピ」をリリース。各地の夏フェス参戦に続き、ニューシングル「ゴールデンタイムラバー」(MBS・TBS系アニメ「鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST」オープニングテーマ)と前作から約3年ぶりとなるオリジナル・アルバム「ナユタとフカシギ」を発売。

2010年は1月から4月まで同アルバムを引っさげた全国ツアー"スキマスイッチ TOUR 2010 "ラグランジュポイント"(33箇所39公演)で10万人を動員し大成功を収めた後、7月にシングル「アイスクリーム シンドローム」(劇場版『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 幻影の覇者 ゾロアーク』主題歌)を発売。11月には春の全国ツアーを収めたLive AlbumとDVDも発売した。

2011年1月にはUSEN J-POP総合チャートの第1位を2週連続で獲得した3年半ぶりのバラード・シングル「さいごのひ」を発売。4月には、放送開始50年目を迎えたNHK教育テレビ「中学生日記」主題歌「石コロDays」を書き下ろし。7月には「センチメンタル ホームタウン」、8月には前述の「石コロDays」を配信でリリース。9月にはシングル「晴ときどき曇」、10月には前作から約2年ぶりとなるオリジナル・アルバム「musium」をリリースした。

2012年は1月から4月にかけて「musium」を携えた全国ツアー「スキマスイッチTOUR 2012”musium”」を敢行、大成功を収めた。6月には映画『臨場 劇場版』イメージソング「ラストシーン」を、8月にはTVアニメ『宇宙兄弟』オープニングテーマ「ユリーカ」を発売。その後、セルフカバーベスト盤 「DOUBLES BEST」を発売、秋から全国47都道府県ツアー「スキマスイッチ TOUR2012-2013 "DOUBLES ALL JAPAN"」の計51本の公演を大盛況で終了。ツアーファイナルの沖縄での最終公演は、全国の映画館で同時生中継で、史上初!沖縄を含めた全国47都道 府県にて同時にツアーファイナルを迎えた。

2013年6月には第一弾となるシングル「スカーレット」(テレビ朝日系「土曜ワイド劇場」主題歌)をリリース、7月9日にはデビュー満10周年を迎え11年目へと突入した。7月には2013年第二弾シングル「Hello Especially」(フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「銀の匙 Silver Spoon」エンディング・テーマ)を、8月にはデビュー10周年を記念した初のオールタイム・ベストアルバム「POPMAN’S WORLD~All Time Best 2003-2013~」をリリース。夏にはオフィスオーガスタ夏の恒例イベント『Augusta Camp』を全面プロデュースし、10月、11月には約6年振りとなるアリーナ・ツアー『SukimaSwitch 10th Anniversary Arena Tour 2013 “POPMAN’S WORLD” 』を開催。さらに12月には、豪華フルオーケストラとの競演となった一夜限りのスペシャルライブ『SukimaSwitch 10th Anniversary “Symphonic Sound of SukimaSwitch”』を開催し、キャリア初の日本武道館単独公演でデビュー10周年イヤーを締め括った。

2014年、10周年記念ライブ作品(CD/Blu-ray&DVD)が4カ月連続でリリース。2014年第一弾シングル「Ah Yeah!!」は、表題曲(M1)「Ah Yeah!!」がMBS/TBS系テレビアニメ「ハイキュー!!」オープニングテーマ、カップリング(M2)「夏のコスモナウト」が7月から開催される全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の応援歌となり、ダブル・タイアップシングルとして発売。21thシングル「パラボラヴァ」(ヨコハマタイヤ「アイスガード ファイブ」CMソング)と22thシングル「星のうつわ」(『THE LAST –NARUTO THE MOVIE-』主題歌)を2か月連続でリリース。12月には初のセルフタイトルとなる6thオリジナルアルバム「スキマスイッチ」をリリースした。

2015年1月より、アルバム「スキマスイッチ」を引っ提げての全国ツアー「スキマスイッチ TOUR 2015”SUKIMASWITCH”」を開催(全国28ヶ所32公演)。全公演即日ソールドアウトとなり、日本武道館・大阪城ホールにて行われた追加公演も大盛況のうちに終了。約1年ぶりとなるシングル「LINE」は、表題曲(M1)「LINE」がテレビ東京系アニメーション「NARUTO –ナルト-疾風伝」オープニングテーマ、カップリング(M2)「ハナツ」が「第95回全国高校ラグビー大会」大会テーマソングに決定し、ダブルタイアップシングルとして11月11日リリースが決定している。

大橋卓弥
大橋卓弥(オオハシタクヤ)

1978/5/9生まれ/AB型/愛知県東海市出身

Vocal, Guitar, Harmonica]

幼い頃からクラシックに接し、小学生からピアノを習い始める。友人宅の電話の保留音でビートルズの「イエスタデイ」を知り、小・中学校時代はビートルズとともに歩んでいた。

高校卒業後上京し、バンドを組むが自然消滅。その後、一人で曲を書きため、同じく上京していた地元の知己である常田にアレンジとレコーディングを依頼。それがきっかけとなりスキマスイッチ結成に至る。

2003年7月、シングル「view」でメジャーデビュー。

2008年、スキマスイッチの活動と並行しながらソロ活動をスタート。ソロ名義で3枚のシングルと1枚のアルバムをリリース。同年秋には、ソロワークスの集大成として全国9箇所18公演のライブハウス・ツアーと大阪城ホール&日本武道館での特別公演を敢行。そのライブの模様を収録したライブDVDが今年3月に発売決定。

2009年、ソロ活動を経てアーティストとしてさらなる成長を遂げたスキマスイッチの活動が始動!

【大橋卓弥 WORKS】
スピッツのニュー・シングル『群青』にバッキング・ボーカルとして参加(2007.8.1) 「明日ハレルヤ!」 岡本真夜×大橋卓弥(from スキマスイッチ)【岡本真夜オリジナルアルバム「seasons」収録楽曲】(2008.10.29) 小坂忠デビュー42周年、60thのアニヴァーサリー作品「Connected:コネクテッド」にM3.Runwayの作詞・作曲を担当で参加(2009.3.18) V6のシングル「スピリット」の特典CDに楽曲「スタートライン」を提供(2009.6.17) 「塊魂TRIBUTE」(かたまりだましいトリビュート)ゲーム音楽に参加(2009.7.23) Fairlife、3rd album「みちくさ日和」収録楽曲「by bicycle feat. 大橋卓弥 from スキマスイッチ」にゲストボーカルとして参加(2010.2.3) 植村花菜さんニューアルバム「花菜~My Favorite Things~」収録曲「キセキ with 大橋卓弥」にコーラス参加(2010.9.15) FM802 2011年ACCESS キャンペーンソング:『春のせい』<プロデュース=Drunk Brothers(Mummy-D+大橋卓弥)> <RADIO BLOSSOMS>Mummy-D(RHYMESTER) / 大橋卓弥(スキマスイッチ) / 高橋優 / TARO SOUL / Chara / 堂珍嘉邦(CHEMISTRY) / PES(RIP SLYME) / 矢井田瞳
常田真太郎
常田真太郎(トキタシンタロウ)

1978/2/25生まれ/O型/愛知県名古屋市緑区出身

Piano, Chorus, Organ, Other instruments and total sound treatment

高校の文化祭で組んだバンドで音楽に目覚め、卒業後、多数のバンドにキーボードとして参加。インディーズのレコーディング・エンジニアなども行いながら、さまざまな楽曲のアレンジを経験する。並行してオリジナル楽曲も作り続け、大橋卓弥との出会いをきっかけにスキマスイッチを結成。

ユニットでの活動と並行し自身のレーベル「doppietta(ドッピエッタ)」(2006.2.28設立)での活動やアーティストの楽曲アレンジ、プロデュースワークを行っている。

2008年、映画「ダイブ!!」で念願だった映画音楽に初挑戦。全編サウンドトラックを担当した。

「doppietta(ドッピエッタ)」リリース作品

ソフテロ1stミニアルバム「それでいてユニーク」(2006.10.4)トータルプロデュース

ソフテロ2ndミニアルバム「泣かないで」(2008.7.2)トータルプロデュース

【常田真太郎 WORKS】
元 ちとせシングル「語り継ぐこと」(2005.11.23)アレンジ・プロデュース、松たか子シングル「明かりの灯る方へ」(2006.3.22)アレンジ・プロデュース、HOME MADE家族アルバム『FAMILIA』収録曲「FLAVA FLAVA with 常田真太郎 from スキマスイッチ」(2007.3.14)アレンジ、筒美京平トリビュート・アルバム『the popular music』収録曲「木綿のハンカチーフ」(2007.7.11)アレンジ、ステンレス アルバム「Palletta」(2008.2.6)アレンジ・プロデュ―ス、キジ☆ムナ ミニアルバム『アリガトウのウタ』収録曲「アリガトウのウタ」(2008.5.21)プロデュース、東京60WATTSシングル「たまにはこんなラブ・ソング」(2008.5.21)アレンジ・プロデュース、mihimaru GTアルバム『mihimarise』収録曲「Birthday Song feat.常田真太郎(from スキマスイッチ)」(2008.5.28)実演、元 ちとせシングル「蛍星」(2008.7.2)作詞・作曲・アレンジ・プロデュース、ゴスペラーズ シングル「ローレライ」c/w曲「バードメン」(2008.7.9)作詞・アレンジ、FM802毎週土曜日22:00-23:00「SUNTRY The Diary Of...」テーマソング(2008.8.~)、イングランド・プレミアリーグ中継番組(2008.8.9)、J sports Plusテーマソング(2008.8.16~)、河口恭吾シングル「ただいま」c/w曲「君在是好日」(2008.9.17)作詞(共作)・作曲(共作)・アレンジ・実演・プロデュース、藤井フミヤ アルバム『F's KITCHEN』収録曲「ムスカリの花」(2008.10.8)作詞・アレンジ・実演、キジ☆ムナ ミニアルバム『kijimuna★color(キジ☆ムナカラー)』収録曲「サヨナラなんか言わせないで」(2008.11.12)プロデュース、河口恭吾シングル「未来色(ミライロ)プロポーズ feat.常田真太郎(from スキマスイッチ)」(2008.11.5)作詞(共作)・作曲(共作)・アレンジ・実演・プロデュース、河口恭吾アルバム「HORIZONT meets 常田真太郎」(2008.11.26)作詞(共作)・作曲(共作)・アレンジ・実演・プロデュース、ゴスペラーズ vs 常田真太郎(from スキマスイッチ)ダブル・タイトル・シングル「Sky High/セプテノーヴァ」(2008.11.12)「セプテノーヴァ」作詞(共作)・アレンジ・プロデュース、いきものがかり 3rdアルバム『My song Your song』収録曲「幻」(2008.12.24)アレンジ・プロデュース、絢香 Double A-side Single『夢を味方に/恋焦がれて見た夢』収録曲「恋焦がれて見た夢」(2009.4.22)アレンジ・プロデュース、HIMEKA Debut Single「明日へのキズナ」(2009.5.27)プロデュース、しおり シングル「僕らの海/二人の約束」(2009.6.17)両楽曲サウンドプロデュース、峰 香代子 1st Single「ひまわり駅」(2009.6.24)サウンドプロデュース、上戸彩 アルバム『HappyMagic~スマイルプロジェクト~』(2009.7.15)収録曲「右胸のフェアリー」作詞・作曲、RYTHEM シングル『ぎゅっとして feat.常田真太郎(from スキマスイッチ)』収録曲「ぎゅっとしてfeat.常田真太郎(from スキマスイッチ)」(2009.7.29)CS放送 日テレG+南米サッカーリベルタドーレスカップのイメージソング 「REGI-EARTH」を担当(2010)松本素生(GOING UNDER GROUND)ミニアルバム『素生』収録曲「2030」にプロデュース/共作で参加(2010.3.17)ナオト・インティライミ Debut Single「カーニバる?」に作詞で参加(2010.4.7)「NORIYUKI MAKIHARA SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT "cELEBRATION 2010" ~Sing Out Gleefully!~Supported by BEAMS」 のオーケストラアレンジを担当(2010.10)初音 シングル『つよがりソレイユ』の作詞作曲を担当(2010.11.24)長澤知之 Single「カスミソウ」に共同プロデュースで参加(2012.1.25)   and more・・・
↑