AUGUSTAコットンバックの売上金の一部は、国際NGOプラン・ジャパンを通じてフィリピン共和国
サマール州マヤバイ村のこどもたちのための学校建設に寄与いたします。

学校を建設するフィリピン共和国サマール州ダラム町マヤバイ村は、サマール州西部の離島、ダラム島に位置する農村地帯で、人口1102人で152世帯が暮らしています。住民は漁業と農業で生計を立てています。
この村の小学校、マヤバイ小学校では現在1年生から6年生までの女子生徒124人、男子生徒122人の合計246人(2007年6月現在)が学んでいます。マヤバイ小学校には1980年代に建てられた2つの教室がありますが老朽化が進んでおり、雨が降ると教室の天井から雨漏りがするため授業の中断を余儀なくされます。
また、机や椅子も不足しているため、こどもたちは一つの机に3人で座り一冊の教科書を3人で使っている状況です。
AUGUSTAコットンバッグの売上金の一部で、このマヤバイ小学校にこどもたちがより良い環境で学習できる新校舎一棟を建設し、机や椅子などの教室備品を支給いたします。



オフイスオーガスタ http://www.office-augusta.com/
           オーガスタファミリークラブ http://www.augfc.net/
           プラン・ジャパン http://www.plan-japan.org