Biography

さかいゆう画像

さかいゆう

さかいゆう 高知県出身。
高校卒業後、18歳の時に突如音楽に目覚め、20歳で上京。22 歳の時、単身でLA に渡り独学でピアノを始める。
唯一無二の歌声と、SOUL・R&B・JAZZ・ゴスペル・ROCKなど幅広い音楽的バックグラウンドをポップスへと昇華させる、オリジナリティ溢れるサウンドが魅力の男性シンガーソングライター。
2009年10月7日にシングル「ストーリー」でメジャー・デビュー。同楽曲が全国のFMラジオ43局でパワープレイを獲得し、前人未到の新記録となる。更に、AMラジオ局やCS音楽専門チャンネルでもパワープレイを獲得し一躍話題となる。
2010年2月3日にセカンド・シングル「まなざし☆デイドリーム」をリリース。同楽曲は大人気TVアニメ『のだめカンタービレ フィナーレ』(2010.3月末で終了)のオープニングテーマに起用された。
2010年5月、菅野美穂 主演の映画『パーマネント野ばら』主題歌に起用された「train」を初のデジタル・シングルとしてリリース。続く6月には待望のメジャー・ファーストアルバム「Yes!!」をリリース。
2011年3月、完全セルフ・プロデュース&レコーディングによるミニ・アルバム「ONLY YU」をリリース。作詞・作曲・編曲・プログラミング・演奏まで、たった一人(一人多重奏)で行った同作は、まさに彼にしか出来ないOne and Onlyの作品となり、アーティストとしての才能をさらに大きく開花させた。又、秋にはNew Yorkで行われたイベントに出演。海外リスナーからも大歓声を浴び、自身初となる海外公演を成功に収めた。
2012年2月、ソニー<ブラビア>CMソングの「Lalalai」をデジタル配信。4月にニュー・シングル「君と僕の挽歌」(テレビ東京系アニメ「君と僕。2」エンディングテーマ)と5月にセカンド・フルアルバム「How’s it going?」を連続リリース。アルバムを携えた全国バンドツアー『さかいゆう TOUR 2012 “How’s it going?”』も大成功に納め、11月には自身二度目の海外公演となるLONDONでのライブにも出演。
4月には2013年第一弾となる4thシングル「僕たちの不確かな前途」をリリース。
そして、TVCMに起用され、話題となった楽曲「薔薇とローズ」を10月に5作目のシングルとしてリリース。大きな注目を集めた。
2014年1月15日にはKREVA、Emi Meyer、秦 基博という豪華アーティストとのコラボレーション楽曲から、グルーヴ感溢れるR&Bナンバー、切ないバラードソング、そしてエレクトロまで・・・音楽ジャンルにとらわれない、深化を遂げた“さかい流POPS”が詰まった、通算3作目となるオリジナルアルバム「Coming Up Roses」を発売、同アルバムはデイリー5位を記録した。
2014年9月3日、1st EP「サマー・アゲインEP」リリース。
2015年2月、RHYMESTER、秦 基博、LITTLE GLEE MONSTERら豪華アーティストとの共演楽曲を収録した初のコラボアルバム「さかいゆうといっしょ」をリリース。10月には蔦谷好位置プロデューサーに招いたシングル「ジャスミン」をリリース。
2016年2月3日に2年ぶりとなる4THアルバム「4YU」をリリースした。
こちらの全国ツアー「4YU」も大成功をおさめた。
11月16日には映画「幸福のアリバイ~pitcute~」主題歌となるシングル「再燃SHOW」をリリース。※NHKBSプレミアムドラマ「受験のシンデレラ」主題歌「But It's OK !」収録。11月からスタートした中野サンプラザ公演を含むツアー「POP TO THE WORLD」を成功させた。

さかいゆう Official WebSite

公式twitter

君と僕の挽歌