リーガルリリー

homeゆきやまの部屋

ゆきやまの部屋

リーガルリリーDr.ゆきやまの雑記

「第四回:中国での年越し」

みなさん、あけましておめでとうございます


今年はもっとハリがうまれそう



年始のニュースが騒がしかったですね
できる範囲のことはやって、大きな火にならないことを祈る、、


中国から帰ってきて何日かたった、武漢では原因不明の肺炎が出てるニュースなんかあったからちょっと心配だったけど、わたしはとても元気


今日は中国ツアーのこと書いてみる



服からはまだ中国のスパイシーなにおいがする

接した人々や食べ物は、やっぱり日本では触れられない感じがあった


訪れた6日間のうちは4回のライブとたくさん移動とちょっと観光、あとはごはんと睡眠。てな感じ
行く前はタイム感不安だったけど、特別不調を起こすことなく帰国後も元気、中華料理が恋しくて脂っこくて辛いものばっか食べてる

脂ニンニクスパイスのおいしい料理が強烈に体を動かしてたから体崩さなかったんじゃないの、と思える
相変わらず日本食大好きだけど、辛味欲しくなること増えた

ホント、おいしかったー!

好きなポイントはたくさんあって
食材の切り方が雑というか、ザクザク切ったような印象で、豪快さとランダム感が心地よかったこととか
何種類もおかず頼んで、白ごはん無しでおかずばっか食べるスタイルとか(最後にはごはん欲しくなるけど)

卵とトマトだけの炒めものに感じた、はじめての組み合わせ方とか

日本はスーパーに売られてる食材ってそんなバリエーションないけど、その枠外の食材たくさん食べた

食欲増進要素が多すぎる食べ物だったから手が止められなくて、ご飯のたびに千と千尋の神隠しの、父母が豚になるシーンがよぎったくらいだよ



4回あったライブはすべてChinese Footballとツーマン

ライブを見てから音源聴くのが好きだから、向かうときは聴き返さないで行った。
ライブではじめて聴く曲って知ってる曲と違ってその場で展開されてくから進む時間と同じスピードで聴けて、雰囲気を楽しめる

1回目のライブでそのように聞いた「漂流人間」と「Goodbye Milu」は感動したな

そうやって見つけた好きな曲は音源で聴いてもあんまり更新されなくて、ライブでどんどん更新されてくようなきがする


たしか「漂流人間」のときだっけな、曲の合間に誰かが肩をたたいてきたので振り返ると、ほのかが、あけましておめでとう!って言った



この上ない年明けだったなー


わたしの記憶方法に、話し相手をシャッター切るように保存するやり方があって、その人の目と表情と自分の感情が封入されるんだけど


あけましておめでとうって言われた時の、ほのかの目がキラっとした瞬間とわたしのワクワクしたうれしい気持ちが仕舞い込まれてる



ちなみに、初日のリーガルリリーのライブもすごく良かったんじゃないか、みんなはしゃいだ。





その後の深夜

わたしは海と同じ部屋で、寝る前に顎の話をしてた

丸顔よりもシャープな顎の人の方が表情のうごきが目立つみたいな話だった気がする


そして翌日起床すると海ちゃんがその日みた夢を話してくれた。

10人くらいの男性の顔がわーっと並んで、みんな別の顔で、様々な顎の形をしててね
丸めと鋭さの中間くらいの人もいれば、すごく鋭利な顎の人もいて
その顔たちがローテーションしながら海ちゃんに向かって
「俺の顎はどう?」「俺は?」
とか聞いてくるから
海ちゃんは「うーん、まあまあかな!」など言ったらしい

んでこれが海ちゃんの、初夢


もう、笑

笑笑

んでしかも、中国ツアー中に長いこと続く顎関節症が治りそうな兆しがあったらしく、今年は顎にまつわる年かもしれないんだって


もう!笑



初日だけでいろいろあったなー

あと、ライブハウスで飼われてた猫ちゃんがびっくりかわいかった



ツアー後半まで書くと長くなりそうだからいったんやめとく。




それじゃあ、今年もよろしくお願いします!


おやすみなさい。


ゆきやま (2020.1.14更新)

  • 「第六回:そちらの芝生もかわいいね」

    more

  • 「第五回:この世で一番こわいもの」

    more

  • 「第四回:中国での年越し」

    more

  • 「第三回:年の瀬」

    more

  • 「第二回:羽の夢」

    more

  • 「第一回:久しぶりの部屋」

    more