ページの先頭です



長澤知之
1984年5月15日 福岡県生まれ

8歳でビートルズとブラウン管ごしの対面を果たし覚醒。
10歳でギターを始め、11歳で初めてのオリジナル曲完成。
18歳でオフィスオーガスタのデモテープオーディションでその才能を認められ、以後、福岡のライブハウス「照和」、東京のライブハウスでのマンスリーライブを行いながらデモ音源を制作。
05年9月、東京/大阪で行われた「YAMAZAKI MASAYOSHI in Augusta Camp 2005」のオープニングアクトを務める。それまでのデモ音源を集めインディーズCD「長澤知之」をライブ会場限定で発売(現在入手不可)。
06年8月2日シングル「僕らの輝き」でよりメジャーデビュー。
07年3月「PAPER STAR」、10月「P.S.S.O.S.」と2枚のミニアルバムをリリース。その楽曲のオリジナリティとクオリティの高さが評価され話題となる。
ライブ活動と楽曲制作を地道に重ね、09年3月に1年半ぶりとなる3枚目のミニアルバム「EXISTAR」をリリース。その4月には東京(代官山UNIT)、大阪(鰻谷SUNSUI)、福岡(DRUM SON)で、全てソールドアウトのワンマンツアーを敢行。続く8月5日に 待望の新作MINI ALBUM「SILENTSIREN」をリリース。一層の注目を集め勢いを増しながら、年内2度目となるワンマンツアーを東京、大阪、名古屋、福岡で行った。
10年8月、Augusta Camp会場にて限定1000枚で発売されたシングル「回送」は即完、10月のワンマンライブもソールドアウトとなる。年末にはCOUNTDOWN JAPANに初出演。
2011年2月に行った自主企画イベント「ライド5」もチケットは発売開始で瞬く間に完売となる。
4月6日、ついに自身初のフルアルバム「JUNKLIFE」をリリースするとともに、ワンマンライブを全国8公演行い、アルバムはロングセラーヒットとなる。
2012年1月25日にはセカンドシングル「カスミソウ」をリリース。同年6月6日にはミニアルバム「SEVEN」を発売。ジャケットには、本人が大きなキャンバスに描いた絵が使用され、大きな反響を呼んだ。
このミニアルバムのツアーでは、本人の多彩なパフォーマンスを表現する為、弾き語りとバンドの2形態で「Nagasa・Oneman7」を行った。
この模様を収録した「Nagasa・Oneman7 Acoustic LIVE DVD」が、Augusta Family Clubにて販売中。
2013年は制作活動を行いながら、精力的にイベントへ参加、7月31日、配信シングル「誰より愛を込めて」のリリース、11月6日には待望のセカンドフルアルバム「黄金の在処」をリリース。12月には、アルバムにもゲスト参加した津野米咲(赤い公園)、Nabowaが出演したイベント「シークレットライド7」を、2014年2月には全国ツアー「Nagasa・Oneman8 Band Ver.」を行った。 また、ツアー直後の2014年4月より長澤自身が全面プロデュースをするイベント「長澤知之 LIVE ~IN MY ROOM~」を6ヶ月連続で開催し、毎公演のチケットが完全にプレミア化。11月13日、14日東京・キネマ倶楽部を皮切りにIN MY ROOM TOUR 2014も敢行。
今年2015年7月31日に、数年前よりプライベートプロジェクトとして楽曲制作やライブを断続的に行っていたユニットであるAL(小山田壮平×長澤知之)に、ベーシストの藤原寛、ドラマーの後藤大樹を迎え、正式にバンドとして活動をスタートする事を発表をし、現在大きな話題を呼んでいる。

ページ上部へ戻る