明日、高円寺の古本屋で

北原白秋『雀の生活』の箱入り本をさがしてみようと思う。
装丁や挿絵が可愛いんだよ。

ほどよく汚れている本が好きなんだ。
押し花とかはさまっていたら最高だな。

高円寺の古本屋で買った矢野文夫訳の『悪の華』がそうだった。
誰だってロマンチックな気分になるよ。

では明日。


2017年2月12日 15:29 okamoto sadayoshi コメント(6)

投稿者:あおむし :

このところ一日おきに高円寺、阿佐ヶ谷、高円寺のワタクシ。シアワセな毎日。

雀と聞いて「うむっ」となっています。
何故なら…。

投稿者:雨玉 :

サダさん、こんばんは。
雀の…?雀=童画家の武井武雄さんの雀かと思ってしまいましたが、おそらく別の雀でしょうね。
お探しのブツ、あるいは思いもよらぬブツが発見できるとよいですね〜(*^ー゚)b

投稿者:そらしれどん♪ :

出会えるといいですね。
出会えますように、ってお願いしておきます。

そういえば、めっきり雀を見かけなくなりました。
何処にいったのでしょう。

投稿者:たえ :

箱入り~あると良いですね?

以前古本屋さんで買った本のある文面に、ピンクのマーカーが引いてあるのがあったっけ。
前の持ち主はこの箇所に何かしら感じたのね~って思いながら読んだりして。

明日は思いがけずのサダさん参加で、嬉しいな。
バンドでのサダさんが観れるのも嬉しい限りです。
だから期待してますからね~。

投稿者:あおむし :

お気に入りの本探し。楽しみですね。

今日は絶好の古書店巡り日和。
空気はキーンとしていますが陽ざしが春めいて。

昨夜の月と星もとても綺麗でした。
あまり見たことのない色を纏っていて。
白と群青の光…。
空気が澄み過ぎていたのかもしれません。

今日の帰り道の月も楽しみに出かけたいと思います✨


↑のコメ、確認のつもりが投稿をタッチしてしまいました。すみません😣


投稿者:白いナス :

サダさんこんばんは

職業柄、
赤い鳥小鳥や、ゆりかごのうたは歌います。まあ、ぞうさんが、一番多いけど笑。

そうすると、ぎゃあぎゃあ声だしして暴れていた方々が、
笑顔になって歯磨きや身体の世話を受け入れてくれるからです。

枇杷の実が揺れる、ゆりかごの綱を木ねずみが揺する
ゆりかごの夢に黄色い月がかかる、優しい世界ですね。


コメントする