何度も何度も

同じ本を読み直す。
同じレコードを聴き直す。
同じギターを弾き倒す。
同じ曲を書き直す。
それでも全然飽きないよ。
ああ、なんて幸せなんだ!

酔ってるせいなのか?

2016年6月13日 00:45 okamoto sadayoshi コメント(7)

投稿者:たえ :

酔っているせいでしょう!
幸せでなによりです。

投稿者:そらしれどん♪ :

それはね、サダさんがマニアック体質だから…じゃあない。
それがピッタリの答えじゃないなあ。

ほんとうに「あ!」となるものを見つけるの、上手なのかも。
日頃からよくよく向き合う姿勢だから、いいとこ見つけるの、上手なのかも。

あら、言っちゃってるじゃない。
ああ、なんて幸せなんだ!
って思うから、何度も何度も…なのかも。
単純にその幸せを何度も味わいたいのと、そんなものに出会えた偶然が喜ばしいから、なのかも。

あとねえ〜。
自分のものにしたいと思うのではないかしら。
ひとつになりたいと思うのではないのかしら。
そういうのを言葉にすると、「好き」っていうんじゃないかしら。
もしかしたら、「愛」っていうんじゃないかしら。

投稿者:かじゅ :

定義さん、おはようです。
楽しそうなライブたくさんで、
ナタデココのCD楽しみで、
大好きな音楽とミュージシャンと本に出逢い、
幸せ。
酔ってなくてもね。

投稿者:そらしれどん♪ :

月曜日の荒天時の電車は、大変な混雑と混乱に見舞われるので、早くきて、昨日の更新をぼんやり読んでいまして…。

酔ってるせい、それもあるかもしれない。
酔うと、時に箍が緩んだり、外れたりして、素がでるじゃない。
その時に、飽きないなあ、いいなあ、って思えるものは、理屈や理由よりも、先に心が動いて、欲しているのではないかと思われる。

なんだかんだ探して言葉をくっつけても、当てはまらないくらいのもの。
言葉って、記号のようなものだし。
と、そういうの最近スッゴク考えている。

投稿者:ミハエル :

COILの曲は飽きないな。
飽きる前にはまた新しい発見があるからね。

投稿者:雨玉 :

サダさん、こんばんは。
わう!「同じ」がいっぱい。

レコード...はプレイヤーが押入れの奥深くにお隠れになってるし、わたしはギターは弾けないので除外として、
繰り返し読む本、って一度読んで「ぞっこん参ったぜ!」なブツもですが、「キライじゃないけど、なんか引っかかるんだよ、なんか!!」みたいな作品に、より、手が伸びるのですが、サダさんはいかがですか?
何回も読んでいると、いつかはするーっとほどける時が来てしまうのかな?けれど、そうなってしまうと、それはそれでなんだか寂しいようなふうな。うーんε=(ノ; • ̀ω•́)ノ

投稿者:そらしれどん♪ :

繰り返しの楽しみ方と必要性を、良く良くご存知なのですよね…って、そんなことは当然かあ〜。
知識が深まるにつれての自分の無知を自覚し、更に自分の中にもあった、自分にもできたといった喜びなんかがあったりすると、もう、どこまでも深く、深く…。

そうだから、クリエートを仕事にできるのよね。
と、フッと思ってね。
スゴくあたりまえのことかも。

コメントする