ATSUGUA RECORDS

ATSUGUA RECORDS OFFICIAL WEBSITE

  • メロディーキッチン

    メロディーキッチン

    Vo.渕田愛子 / Key.松浦はすみ 2009年3月より精力的にライブ活動を始める。 アイコの印象的な歌声と、はすみの躍動的なキーボードが織り成すピュアで切なくも優しい"心に沁み込むメロディー"は、どこか懐かしいようで新しくもある。 FM802 主催「MINAMI WHEEL」や「若草山ミュージックフェスティバル」「KANSAI LOVERS」など、関西を代表するビッグイベントに多数出演。 東京・大阪で自主企画イベント、ワンマンライブを成功させるなど、精力的にライブ活動を行っている。 2015年6月にはファーストアルバム「スタートライン」の収録曲「あした」が”JAバンク大阪サマーキャンペーン”のCMソングに抜擢され、注目が集まる。 同年4月にはサウンドスケジュールから大石昌良をプロデューサーに迎えた3rd mini Album「アイノワ」をリリースし、 2017年7月から“アイノワ”収録曲「花束」が、株式会社ブライダルハウスが運営する貸衣装屋「フィーノ」のCMソングに抜擢されるなど、今、最も注目される実力派ガールズポップユニット。
    MORE
  • 松室政哉

    松室政哉

    1990年1月4日生まれ。 2014〜15年、オフィスオーガスタが主催する夏のイベント「Augusta Camp」にオープニングアクトとして出演。 2016年はスキマスイッチや秦 基博らと共にメインステージへの出演が控えている。 インディーズ・アーティストながら数々のタイアップに抜擢、更にメジャーアーティストへの楽曲提供&プロデュースも行うなど、その活動は多岐にわたっている。 2016年夏から全国のパチンコ店に導入される「CR仄暗い水の底から」では全9曲の楽曲提供及びプロデュースも担当している。 新曲「Theme」がクラレ企業CM「梨沙羅 ときめき」篇タイアップソングに抜擢され、9月14日にシングル・リリース。 作詞作曲編曲の全てを手がけ、心の琴線に触れるメロディと歌詞が聴くものの心を離さない。
    MORE
  • らぞく

    らぞく

    1996年 竜太(Vo.G.)、ぶん(B.Cho.)、兼作(Dr.Cho.)で地元藤沢にて結成。
    メディアや流行にとらわれないオリジナリティ溢れるサウンドと、即興性のある変幻自在のパフォーマンスで特にフェスラバー、ヘアスタイリスト、サーファー、スケーター達から高い支持を得、2006年、2010年と2度の Fuji Rock Festival、朝霧 JAM、Sun Set、FESTA de RAMA、上田 Joint、等々 全国各地の野外フェスに頻繁に出演する。
    彼らのキャリアと時代感が絶妙なマッチングを予感させる中、約6年ぶりのフルアルバムのリリース。
    常にフロアのリアルに向き合い、そして培ってきた感性やスキルを惜しげも無く発揮し、よりメロウに突き詰めたのが今作です!!
    MORE
  • 加納りな

    加納りな

    岐阜県大垣市出身。
    7歳よりマリンバを始める。
    愛知県立芸術大学音楽学部器楽科管打楽器専攻卒業。
    大学在学中に姉と幼なじみの3人で、2台マリンバとピアノのアンサンブルグループ「凛」を結成。1stアルバム「Rin」をリリースし東海地方を中心に全国各地でコンサートを行う。
    また、2003年より姉妹で本格的にマリンバデュオでの演奏を開始、2007年第3回ベルギー国際マリンバコンクールデュオ部門では第2位、併せて特別審査員賞を受賞。
    第4回ベルギー国際マリンバフェスティバルではゲストアーティストとしてコンサートを行う。
    以来国内、海外問わず数多くのコンサートに出演。
    2008年岐阜県大垣市民大賞を受賞。マリンバの演奏を通じ交流大使としての活動も行う。
    2015年9月26日、ATSUGUA RECORDSより「キギノコエ〜marimba Augusta songbook〜」をリリース。
    サウンドプロデューサーにカワムラヒロシ(alosotimu)を迎え、山崎まさよし、元ちとせ、スキマスイッチ、秦 基博の名曲をカラフルにリアレンジし、マリンバの音色が何色も引き出された楽曲に仕上がっている。
    クラッシック音楽をルーツとする確かな表現力もさることながら、瑞々しく情景を映し出すその音色のスリリングさ、マリンバという楽器で奏でる木のぬくもりと力強さが同居するパフォーマンスは必見。
    MORE
  • 杏窪彌(アンアミン)

    杏窪彌(アンアミン)

    台湾からやってきたV o のM I N を擁する、台北生まれ東京育ちのエキゾチックポップバンド。
    観光気分で懐かしい未来を唄う、東洋一のネオ歌謡。
    ジャイアントパンダに乗ってみたい。
    MORE
  • 浜端ヨウヘイ

    浜端ヨウヘイ

    京都出身のシンガーソングライター。1984年1月27日生まれ。身長192cm。
    高知大学卒業後、就職しながらも音楽活動を行ってきたが、2013年一念発起し退職して音楽に専念。自ら全国各地のライブハウスをブッキングし、月平均15本のライブをこなす旅するシンガーソングライターとして活動。2013年10月より「山崎まさよしLIVE"SEED FOLKS"」のオープニングアクトとして全国に帯同する。2014年2月オフィスオーガスタに所属したことを機に、それまでの「ヨウヘイ」に本名の苗字を加え「浜端ヨウヘイ」となる。
    大きな体から放たれる大きく、美しく、切実な声。ギターとピアノを時に豪快に、時に繊細に駆使する演奏。弾き語りで十二分に楽しませるパフォーマンス。ひたすらに人間を愛し、がむしゃらに演奏を楽しみ、誰もがその大きな音楽に包み込まれてしまう。
    MORE
  • 竹原ピストル

    竹原ピストル

    大学時代の1995年、ボクシング部主将を務め全日本選手権に二度出場。 1999年、野狐禅(ヤコゼン)を結成し音楽活動を本格化。 際立った音楽性が高く評価され、2003年にメジャーデビュー。その後、6枚のシングルと4枚のアルバムを発表。 2009年4月に野狐禅を解散し、一人きりでの表現活動を開始。シングル1枚、ミニアルバム1枚、アルバム4枚の作品を発表する傍ら、毎年250〜300本のペースでライブも並行するなど精力的に活動を行う。 2014年、デビュー時のマネージメントオフィスであるオフィスオーガスタに再び所属、ATSUGUA RECORDSより発表された「俺のアディダス〜人としての志〜」が大きな話題 を呼ぶ。 そして10月22日に、ビクター/スピードスターレコーズよりニューアルバム「BEST BOUT」を発表する。
    同時に、役者としての評価も高く、これまでに、熊切和嘉監督作品『青春☆金属バット』(2006年公開/主演)、『フリージア』(2006年公開)、『海炭市叙景』(2010年公開)、松本人志監督作品『さや侍』(2011年公開)の出演実績を持つ。
    MORE
  • 越野竜太

    越野竜太 from らぞく

    「Adult Organic Rock」ニュートラルにサバイヴする僕らの新基準 AOR。
    全国のフェス会場を沸かせるJAMBAND
    "らぞく"のフロントマン越野竜太が 初ソロ作品「GOODBYE DAY, BRAND NEW DAY」を2012年5月23日にリリース!
    MORE
  • COIL

    COIL

    岡本定義と佐藤洋介によるユニットとして、1998年に「天才ヴァガボンド」 でデビュー。2012年は4月に幻のカセットテープ音源を収録した2枚組アルバム「カセットミュージック」 を、10月・11月には、「マスターピース 〜COIL傑作集〜」「セカンド・ベスト 〜COIL佳作集〜」 とベストアルバムを2ヶ月連続リリース。デビュー15周年を迎えた2013年は、15曲入りのニューアルバム「15」をリリース。発売記念として11月には初のWEBオーガスタキャンプとなる「Augusta Camp 2013 Online Exclusive / Featuring COIL 15th Anniversary」開催し、ニコニコ生放送にて65000人が視聴した。2014年4月、佐藤洋介が病気療養のため脱退し、岡本定義のソロユニットとして活動中。
    http://www.office-augusta.com/coil/
    MORE
  • 長澤知之

    長澤知之

    2006年「僕らの輝き」でデビュー。以降コンスタントにライブ活動を行いながら、2011年4月に発表した自身初のフルアルバム「JUNKLIFE」が各所で評判となり、活動の幅が一気に広がる。 2013年11月には、多様なアーティストをゲストに迎えた楽曲を含むセカンドアルバム「黄金の在処」をリリース。 2015年、自身の活動と並行し、プライベートプロジェクトとして楽曲制作やライブを断続的に行っていたユニットAL ( 小山田壮平×長澤知之)をバンドとして正式に活動発表。2016年4月13日にファーストアルバム「心の中の色紙」をリリースし、全国ツアー「AL 1st Tour 2016」を開催した。 7月からは数ヶ所で「Nagasawa Tomoyuki Acoustic Live 2016」を開催、11月3日(木・祝)には渋谷 duo MUSIC EXCHANGEでのファイナル公演が決定している。 12月7日には6thミニアルバム「GIFT」をリリース。
    http://www.office-augusta.com/nagasawa/
    MORE
  • 山崎まさよし

    山崎まさよし

    1995年に「月明かりに照らされて」でデビュー。1997年公開の主演映画"月とキャベツ"の主題歌「One more time, One more chance」がロングヒットし、ブレイク。2013年9月18日にリリースした最新アルバム『FLOWERS』を連れて、"種を蒔く人"を意味するTOUR「SEED FOLKS」を現在も開催中。また、2014年6月14日公開の映画『春を背負って』の主題歌「心の手紙」、NHK Eテレ『みいつけた!』への書き下ろし楽曲「おなかとせなかがぺっタンゴ」、NHK BS時代劇『妻は、くノ一〜最終章〜』の主題歌「青いタペストリー」と、多くの楽曲を提供している。
    http://www.office-augusta.com/yama/
    MORE
  • MAGUMI AND THE BREATHLESS

    MAGUMI AND THE BREATHLESS

    日本スカ・パンク界のルーツ、LA-PPISCHのボーカルMAGUMIのソロアコースティックユニットにリズム隊を加えTHE BREATHLESSが結成された。
    MAGUMI(ボーカル,トランペット)/永井秀樹(ギター,コーラス)/袴塚徳勝(ベース,コーラス)/カサマツマサヨシ(ドラム)/島本亮(キーボード,サックス,コーラス)
    MORE
  • >
    岡本定義

    岡本定義

    佐藤洋介とのユニットCOILでの活動の傍ら山崎まさよしとのユニット"さだまさよし"名義で元ちとせの2010年第一弾音源となる「やわらかなサイクル」(JFLエコメッセージソング/Augusta Camp 2010 公式テーマソング)をプロデュース。 2月に配信限定で発表されている。 また、Leyona、杏子他に詞/曲を提供。 ソロでの活動も精力的に行っている。
    MORE
  • migu

    MI-GU

    CORNELIUS、salyu、くるり、布袋寅泰、オノヨーコ、チボマットを始めとした多数のアーティスト達のレコーディングセッションやライブに参加しているドラマー。2011年、YOKO ONO PLASTIC ONO BANDのライブでLADY GAGAとの共演も果たす。2012年10月2日にはMI-GUのベストアルバム "Choose The Light"がショーン・レノン主宰のレーベルChimera Musicよりアメリカ&カナダにてリリース。2014年はチボ・マットのアメリカツアーなど、ドラマーとして数々のライブやレコーディングでワールドワイドに活躍中。
    MORE
  • ソフテロ

    ソフテロ

    ロック、フォーク、ソウルなどをルーツとし、洗練と素朴をグッドバランスに「あら、いいですね〜」なシンガーソングライター。 もしくは石川による独りロックバンド。
    MORE
  • 野狐禅

    野狐禅

    竹原ピストル(ボーカル、アコースティックギター)と濱埜宏哉(鍵盤、コーラス)いよる二人組ユニット。 2009年4月26日のツアーファイナルをもって、解散。
    MORE
  • サンプリングサン

    サンプリングサン

    矢野仁志(G&Vo.)、田鹿祐一(Key&Vo.)、野村俊彦(B&Cho.)、河崎真人(Dr.)による四人編成バンド。 2006年7月のワンマンライブを最後に解散。メンバーは現在も音楽活動を精力的にこなしている。
    MORE
  • アナム&マキ

    アナム&マキ

    河島亜奈睦と本夛真季による大阪府出身の女性二人組ユニット。 現在は活動休止中。
    MORE
  • Dr.Stange Love

    Dr.Stange Love

    Cocco、GRAPEVINE、つじあやのをはじめとする様々なアーティストのプロデュースを手がけたことで知られるベーシスト根岸孝旨。 SCREAMING SOUL HILL、Great3、AUTUMN STONEをはじめとする様々なアーティストのプロデュースを手がけたことで知られるギタリスト長田進。 この日本屈指のプロデューサー二人によるユニットがDSLこと「Dr.StrangeLove」なのである。
    MORE
  • CR仄暗い水の底から サウンドトラック

    「CR仄暗い水の底から サウンドトラック」

    底知れぬ静寂へ…。 「リング」に続き、原作:鈴木光司、監督:中田秀夫による映画として話題を集め、2003年のジェラルメール・ファンタスティック映画祭ではグランプリを受賞、ハリウッドでもリメイクされた映画「仄暗い水の底から」が、遊技機として生まれ変わる。 離婚調停中の主人公・松原淑美は、娘・郁子との母娘の生活を断行するが、引っ越し先の古びたマンションでは、入居当初から不可解な現象に悩まされる。やがて淑美は、2年前から行方不明になっている少女「美津子」が、マンションの貯水槽に落ちて死亡し、彼女の霊が災いを引き起こして、娘・郁子に及んでいることを知る。二人の前に美津子が現れたとき、郁子を守ろうとする淑美は、美津子と共にその場から消え去ってしまう。物語は10年後…成長した郁子の終わりなき恐怖へと続いてゆく。 本機には映画の主題歌であったスガ シカオ「青空」の他に、新たな楽曲が9曲も搭載されている。その全ての楽曲を松室政哉が書き下ろし&プロデュース。作品の世界観に寄り添ったそれらの楽曲を歌うのはフチタアイコ(メロディーキッチン)、HYLE、そして松室政哉の3人。表現豊かなこの3人のボーカルが、作品の世界をより深く、強く、彩っている。 極限シーンで描かれる母と子の愛。せつなさが胸を打つ、恐怖と感動の「物語」を名曲と共に。
    MORE
  • Ka Hoku Li‘ili’i

    「Ka Hoku Li‘ili’i」(カ ホク リイリイ)

    オフィスオーガスタのヒット曲を極上ハワイアンミュジックでカバー。
    プロデューサーとして、グラミー賞ハワイアン部門最有力候補で、スラックキーギター若手1番人気のジェフ・ピーターソンを起用。
    ボーカルにはハワイのグラミー賞「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」常連 のテレサ・ブライトやHAPAの2代目ボーカル&ベーシストとしても知られるネイサン・アヴェアウを迎えるなど、豪華ミュージシャンが共演。
    タイトル曲「Ka Hoku Li‘ili’i」(星のかけらを探しに行こう)では、テレサとネイサンによる夢の初コラボも実現!!
    MORE
  • anuenue

    「anuenue」(アヌエヌエ *ハワイ語で虹の意味)

    スラック・キー・ギターの名手ジェフ・ピーターソンを迎え、スキマスイッチの名曲が心躍るハワイアンに。
    ハワイの歌姫が歌う『奏( かなで)』と『虹のレシピ』はフラ愛好家も必聴!
    ボーカルにはハワイの歌姫テレサ・ブライト&マイラニ・マカイナイを起用。
    参加ミュージシャンのほとんどがハワイで最も権威ある音楽賞『ナ・ホク・ハノハノ・アワーズ』を受賞しているという豪華な共演が実現した。
    そして、マイラニ・マカイナイが歌う『虹のレシピ』はミス・アロハのカウイ・ダリレイお墨付きのフラソングに大変身!!
    スキマスイッチ&フラダンス&ハワイアンミュージックを愛するすべての方へ贈るアルバム。
    MORE