お休み: 2009年11月アーカイブ


私の好きなモノ。 
チョコレートと化粧品。あとドラマ。雑食だね。 

今回はチョコレートの話。 

nyのSOHOにイチオシのチョコレートやさんがある。 

kee's chocolates(キーズチョコレート)

RIMG3158.jpg















この画像の箱で約2000円。 高いよね。。。。高いんだけど。。。。 

ちょ〜〜〜おいしい!!!! 

小さいお店で店舗の隣が工場になっている。 
工場といっても店舗と同じくらいの大きさ。 
ny滞在中には友達に差し入れで持って行ったり、自分の部屋に置いておいて時々1粒だけ食べたりした。 
毎日の食費をちょっとだけ節約してチョコレートで贅沢♪ 
とにかく全部おいしいんだけど、私は割とノーマルなチョコが好きなので、ティラミスとかカプチーノとか、、、食べる前から想像がつくフレーバーが好き。 
ベスト2はブラックセサミとアールグレイ。 
あ〜食べたい。 




先日の国際フォーラムでのライブの時にどなたかの差し入れでチョコレートの詰め合わせが楽屋に置いてあった。 

すごくおいしかったんだけど、本番の日はバタバタしていて2、3粒しか食べられなかった。 
帰り際、余った差し入りはみんなで分けて持って帰ったりするんだけど、気付くとそのチョコレートの箱をシミーが持っていた(笑) 
やった! 
ということで家でたくさんいただいた。

気になったのでネットで調べてみたらどうやらかなりの老舗のようだ。

いただいた詰め合わせの中にはアーモンドチョコ、ミントチョコ、ホワイトチョコ&レーズン、などがあった。
どれもおいしい。 
でも、ネットを観て気になったモノがある。 
マ•ボンヌという、ミルクチョコレートの中にマシュマロとクルミが入っているチョコバー。 
これはいずれ食べてみたい。 
img001_l.jpg




















チョコレート情報、求む。 板チョコとか、ポッキーみたいなのも大好きです。 

あ〜、チョコレートクレープが食べたくなった〜〜〜。

初回から録りだめしてたヤツ、ずっと観てる。
正月でもないのに。 
やならきゃいけないことをちょっと後回し♪ 
いいのいいの。 
明日絶対やるから(笑) 


ドラマやマンガは短編より長編が好き。なのでNHKの大河ドラマは好き。 

天地人。上杉景勝の家老、直江兼続の話。 
江戸時代に入る前の戦国時代。 
"義" を重んじる上杉家。兼続のカブトには "愛" の文字。 

大河ドラマを観ると、いつも主人公に魅了される。 
独眼竜政宗(渡辺謙)、武田信玄(中井貴一)など。 
私は戦国武将に詳しいわけではないから観た後にネットで彼らについて調べたりする。 
そうすると、それぞれに色々な説があることがわかる。 
確かに、例えば、私が部屋で何をしているかとか、誰にもわからない。(裸踊りとかしてるかもよ〜〜) 
密会や密書など、そういう部分などは今存在する書物や歴史的な前後の出来事で想像するしかないから色んな説が生まれてくると思う。 
ドラマだと、どんな俳優さんが誰の役を演じるかでも受け止め方は変わる。 
私はドラマを楽しんでいる。 

直江兼続。録画しておいてよかったと思った。 
心に届くものがあった。 
上杉謙信にもにわかに興味が出てきた。 

そういう歴史モノをどこか絵空事?完全に過去のこと、、、今とは繋がってない、、、ようにとらえてるところがあるんだけど、実は直系の子孫が今生きていたりする。
びっくりする。 


私の祖先は何をやっていたかな。
父と祖父は漁業。でも曾祖父についてはわからない。
曾祖父は戦争が終わって戦地から船で引き上げる時に機雷で亡くなったようだ。 
母方の祖父は炭職人だったらしい。質のいい炭だったと母が自慢してた。 

そうか、、もっと自分の祖先をさかのぼっていくと、江戸時代、、戦国時代までわかるかな。 
歴史と照らし合わせるのもいいかもしれない。 


無知は怖い。 
今年、私は自然に身を任せると同時にそこに"意思"を入れるということを実践してきた。 
でもその"意思"は現在の自分の知識と感覚から生まれる。 
曾祖父が機雷で亡くなったということを知る前と知った後では乗せる"意思""想い"は明らかに違っている。 
色々知らなければいけない時期になったのかも。 
遅い、、、か、、、?(笑) 

 私は何かを経験してそれをじっくり思い返しめぐらせるのが好きだ。